スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
来ちゃったバンコク③7/27買い物
朝食はホテルで済ませ、チェックアウト。

飛行機は18時15分なので、余裕を持って15時までが自由時間。
もう一日あれば、王宮とか寺院を回れたかもしれないが、
そうも行かないので、今回は買い物をする事に。
正直、遺跡やお寺に少々飽きている。


駅までの道中にあったタクシー。
          タクシー
タクシーで羽が付いているのは珍しいと旦那。
でも、タイでは沢山いた。
派手な音も多かった。


3つ先のスクムビット駅までBTS(スカイトレイン)で行き、
     列車

そこで地下鉄に乗り換え。
     地下鉄

地下鉄だよ、地下鉄。
それも、入り口で警備員さんが厳重に荷物検査をしている。
飲食も写真撮影もドリアンの持ち込みも禁止と言う看板があった。
ベトナムにも地下鉄が出来ると言う噂があるが、
まぁ、いつの事やら。

自動チケット販売機があるが、硬貨のみ。
窓口で行き先を言うと、オセロの黒だけみたいな物をくれた。
               チケット
これをピッとかざしたら改札が開くのだ。
凄い。。。
これも感動したが、駅員さんがカタカナ読みでも駅の名前をすぐ判ってくれた事。
ベトナムは発音が難しいので、中々解ってもらえない。
ドンコイ通りのドンコイも、そのままじゃ絶対解ってもらえない。
良いねぇ。
駅員さん達がピシッと立って朝礼みたいな事をやっていた。
ピシッと立ってるよ。凄いなぁ。


目的は7つ先のラップラオ駅
(一人28バーツ(84円)地下鉄も安い)
そこからタクシーで2kmちょい行った所に、
タイ文字時計、キャメロット時計の製作所がある。
ガイド本で見て、旦那共々気に入ったので買いに来たのだ。

店には色んな形の時計が沢山。
          時計
壁時計や置時計など計6点購入。
お店の人はほぼタイ語だったが、何となく雰囲気で会話。
帰り、駅までのタクシーを呼んでもらったのだが、
中々来ない事を悪いと思ったのか、キャンドルまでサービスしてくれた。
とても感じの良い店と商品に満足。

タクシーも駅名のカタカナ読みが通じて本当に楽。
また地下鉄の駅に戻って、次は3つ先のガムペーンペット駅へ。
ここで、土日のみウイークエンドマーケットが開かれているのだ。

広い!
     ウイークエンドマーケット

そして、品揃えが豊富でしかも安い!!
マーケット=市場=ベンタン市場
と言うのを想像していたのに、店が整然として綺麗だ。
人が寝てないぞ。

それに、店員さんの態度が良い。
ベトナムは店員が直ぐ近距離でまとわり付いてきて、
"何買う?それいくら。大丈夫、負けて上げる。何個買う?"
と何も言っていないのにどんどん話を勝手に進め、
いらないと言うと"ちっ"と舌打ち。
引っ張られ、叩かれ、じっくり見てなんていられない。

ここの人達はまず"サワディカー(こんにちは)"
挨拶が出来る。
それからも、どうだ、どうだと押して来ない。
値段交渉にも笑顔で対応。

既に時計で荷物が多かったので、そこまで買えなかったのだが、
欲しかった物が気持ち良く買えて満足。

昼はその中にある屋台街で食べたのだが、
     屋台街

     コムガー  ペプシ
                      チキンライス                  ペプシ

床がゴミだらけじゃない。
躊躇せず荷物が置けるのだ。
ベトナムはゴミ、食べかすは床に捨てるので、床が素晴らしく汚い。

タイ、良いね。。。。。


午後2時になり、人もかなり増えてきた。
          凄い人

こっちの学生の制服は半パンらしい。
          半パン1
          半パン2
そう言えば、店の店員も男の子は半パンだった。


もういい時間なので、
空港に行くタクシーを捕まえる為に、高速入り口近くの駅まで戻る事に。
街中は渋滞が激しいのだ。


その駅はBTS(スカイライン)なので、今いる所から一つ戻らないといけない。
また地下鉄で戻るのもつまらないので、
トゥクトゥクに乗る事に。
     トゥクトゥク全体

ベトナムのシクロ同様、ちょっと悪いのも名物なので、
ぼられるのは覚悟の上だったが、
最初100バーツ(300円)の所を、60バーツ(180円)で交渉成立。

意外と中は狭くて、151cmの私でさえかがんで覗かないと外が見えない。
          トゥクトゥク

このおじさん、わざと私達を楽しませるつもりなのか、
ふかすわ、車の間をぬってがんがんいくわで結構攻撃的な運転。
私の方は足元に柵が無かったので、落ちない様必死。

無事駅に到着。
お釣りこそ無いと言われたが、(まぁちょうどあったので良かった)
ちゃんと交渉値段の60バーツ。
シクロだったら、
"一人60バーツだ!"とか"60ドルだ!"と言われ、多分もめるだろう。
だから未だ乗った事が無い。
見た目は怖いが、良い人だった。


そして、またBTSに乗り、8個先のチットロム駅へ。
35バーツ(105円)
ひたすら歩くベトナム観光と違い、移動が本当に楽だ。

降りると、やっぱり綺麗なデパートだらけ。
     デパート
この辺は伊勢丹など、日系デパートもある。

こんなのもあった。
     お寺
やっとタイらしい物に出会った様な。

そうそう、タイにはマックがあり、
ドナルドがちゃんと挨拶のポーズをしていた。
          マック



タクシーも簡単に捕まえる事が出来、無事空港到着。
     空港

帰りのタクシーは、高速料金とメーター料金を最後にまとめて精算。
高速代込みで約35kmの距離が290バーツ(870円)

何事も、一年住んでいるベトナムよりスムーズ。
不愉快な事、無し。
帰るの嫌になるなぁ。。。。。

     空港内


手荷物検査を終え、搭乗ゲート前で待っていたら、
"雨が降ってきたぞ"
と、聞き覚えのある言葉が飛び込んできた。
気付くと回りはベトナム人だらけ。
あぁ、またあの混沌とした国に戻るのかぁ。。。。
          搭乗


帰りの機内食、鶏肉硬過ぎでイマイチ。
でも、デザートはココナッツが効いて美味しかった。
          機内食


あの天井のボタンはどうやって使うんだろう?
     ボタン


そして、無事ベトナム到着。

入国口にはろくなタクシーが止まっていないので、
出国口に行き、お客を降ろしたタクシーを、
ベトナム人と奪い合いながら何とか確保。

帰りのタクシーの中は、まとわり付くバイクの群れ等に嫌気が指すのかと思ったら、
もうこっちの景色にすっかり慣れてしまった様で。

タクシーを降りる時も、
空港入場料が20,000VNDだと言い張る運転手。
チケットに5000VNDって書いてるじゃない。
何でそんな見え透いたせこい手、使うかなぁ。
この辺、駐在さんばっかりなんだから、ぼる場所考えようよ。。。

そんなベトナム。
やっぱりベトナム。

もっと、どっと疲れて嫌になるかと思ったが、
もう、すっかり慣れてしまった様で。
これはタクシーに乗った時の儀式みたいなもんだ。


もちろん、タイは素晴らしかった。
が、見てて面白い事とかはそんなに無かった。
そう思うと、ベトナムは未だにびっくりする出来事がある。
住んでて面白いのだ。
不愉快な思いもいっぱいする。
が、そのお陰で日本やタイでは当たり前のサービスや笑顔が
本当にありがたく感じる。

タクシーがちゃんとした道を行ってくれた。
接客のお姉さんが笑顔だった。
バイクでぶつかってきた人が、ちゃんと謝ってくれた。
そんな些細な事で、凄く幸せを感じられるのだ。

日本と同じ暮らしは、日本で出来るから良いのだ。

それに、この文字、一年そこらじゃ解読不明だ。
 看板 看板2
                看板4

と、自分に言い聞かせる。
悪いとこばっかり比較したけど、
ちゃんと良い人もたくさん居るし。


さー、明日から、又ベトナムにもまれますかぁ。


                 看板3
スポンサーサイト


旅行 | 14:20:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。